FC2ブログ

大作制作中

2021011620360401b.jpg


節約生活プロは夢を持っちゃいけないということはあるまい
何か買いたい、買ってみたい、という買い物の素敵なワクワク感を持ったっていいじゃない

「夢だけ持ったっていいでしょ」って、昨年末活動休止した嵐のデビュー曲の歌詞だそうだが、
コラボ商品も多くて、いろんなところで目にして脳裏に残っている

何も買っちゃいけない、切り詰めよう切り詰めようという縛りとは対極の楽しみを持たないと
そろそろやばくなってくる
一体、何で節約しなきゃなんないの?

車を持たないと当然、移動は公共交通機関
自分の手で物を運ぶことにも慣れているけど歳を重ねると持てる重量制限には悩む
大きな荷物を運ぶには何回も何回も行ったり来たりするのが当然だとわきまえている
雨の日は傘で手が塞がり発送ができなくなるから天気は常に調べなきゃ
保険や維持費の出費は抑えられるし、歩けば運動不足は解消できる
しかしコロナ期では、電車に乗るのを躊躇したり
何かあったら自己隔離もできて避難場所ともなれる第二の家でもありましょう
メリット、デメリット、ありますが
やっぱり見てしまうとフォルムが美しい〜

知識がないので直感ですが
CITROEN C3 AIRCROSS SUV SHAINE
フレンチレッドがピッピッってアクセントに入るのがかわいい
特にミラーの上部の配色の比率がすばらしい
というようなただただ見た目でしか言えませんが、、、

もうどうせ独りで大作を運べないんだし作品の運搬目的じゃなくても
星を見るための車もいいでしょ

そして密かに、いつか小さ〜くYOUKIMIKIMIのロゴマークを入れて我が社の営業車にという目論見もあり

見れば見るほど迷うけど
青×白もわかるけど
ねぇ、やっぱりここはこの色じゃない?
  1. [ edit ]
  2. 企画

雑誌付録

202008280104152b1.jpg

ひと昔前に出現した『自分へのご褒美』、当時は集客を狙った、なんてすごいコピーだろうと思った
節約しなくちゃいけないけど買ってしまった自分を納得させる時にも便利な言葉だ

いつからか私も個展が終わった時にその言葉が頭をよぎるようになった
達成感が欲しいのだ
そんな時ぐらいご苦労であったと自分に言いたい

今年は現在までに3回の個展を経て
1回目は東京から帰ったその足で我慢できず近所の王将へ直行、アルコールが飲めないので水と餃子で独りで乾杯した
2回目の個展の自分へのご褒美は先日ご紹介したドルガバの香水サンプル1000円ははりこんだ
3回目、先日は待ちに待った付録目当ての雑誌
来る4回目は何にしようかな

『ゼクシィ』300円でこのボリューム、ウリの可愛い婚姻届けまで付いている
頻繁に雑誌の付録になるのでいつの間にか好きになってしまった若者主流のブランドの斜めがけ&ポーチ
正規品は買えないと諦めてるけど、付録でもそのブランドのロゴがちゃんと刻印されているのよ

かつて一生懸命買ってきたバックはリサイクルで換金した
普段はありがたい頂き物と雑誌付録を愛用している
なので私は雑誌付録に関してならマツコさんや付録好き芸人のトーク番組があったら出れる
たかが付録と侮ってはいけない、人気の付録狙いの雑誌は予約もできず、出版社も完売
発売日当日に例えば800円の雑誌がメルカリで3500円相場で取引されることもある

その日はめちゃめちゃ楽しみだった
300円だけ握りしめて
コンビニなんて半年ぶり、エコバックになったなんて慣れてないから持ってないけどレジ袋を買うお金はない
電話帳みたいな分厚い、しかも『ゼクシィ』丸わかりを抱えているオバハンはかなり恥ずかしかった
でもワクワク幸せだ、すぐには開けない、好きな食べ物を最後にとっておく子供のようにしばしワクワクを楽しむ
個展が終わる時間を待って開封の儀
広告戦略のみでといっていいほどの勝ち本の代表選手、ゼクシィだ、昔リクルートの戦法にも関わっていたのでよく分かる

今年3つ目の贅沢な買い物で気持ちを上げて行こう
ことさらピンクいハッピーオーラキラキラのゼクシィだよ
また沈み込む月末が近づいている
どうかそうなりませんように

この歳だから本当はエルメスうようよ持ってるのにあえて付録バックで外してみたのよ、と
堂々とウソで誤魔化そう
  1. [ edit ]
  2. 企画

経営者会議(リモートミーティング)

以前から異種業経営者の会議にはなるべく参加し、世界と繋がる仕組みは利用する構えでおりました
全世界的には昨年後半からコロナ期に突入し、日本でもリモートなどでのミーティングが頻繁になりましたが
体調のこともあり上手く会話できずにおりますが、ノウハウは吸収できます

今回は、コロナ禍で多くの職種が頻拍の中、景気後退局面になりデフレ傾向が過多になるほど強くなる、
つまりリセッション(「景気の山」から「景気の谷」に向かう局面)企業の方々のお話に耳を傾けました

アフターコロナ下では既存の展開では勝てないのは、誰が考えても私のレベルでも、わかりきったこと
例えば収益率の高い集客現場とは、日本で言えば坪当たり粗利益高といったスペース生産性の指標を立てますが
逆の発想で、今年前期の収益を好転させた企業の例
私の頭では難しいことがわからないので、ざっくばらんに解すれば、
販売方法として、商品を密に置かず、密な接客をせず、効率を重視する、みたいな感じでした
それがまさにコロナ期の在り方とぴったり合致を得た
海外言語になるとますますわからなくなるのですが
売り上げより効率にシフトチェンジした結果が利益に繋がっているという一例でしょう

人生にはムダとロスが必要だと思います
現在の私も哀しいくらいロスがいっぱいあります
でもそれがムダだとは、思わない
いや、正確に言えば、ムダだと思うとさらに辛くなるので、そう思わないようにしている

ですが仕事となると、物価も消費税も私がこの仕事を始めた頃からみるととんでもなく上がっています
だからとんでもなく収入が増えなくては生きてゆけないことになります
ものを創る、製造するとは、まず資金が必要です
この後に及んで、私はムダとロスを極限までカットするよう必然がそうさせました
勿論、いつ何時でも画材がたっぷりで仕事ができて、高騰する送料経費なども気にならない環境ならいいでしょう
しかしそうでない場合は、この節約術がものを言います
切り捨てられるものや不快なものに時間や資金を投じない分、本当に必要なものに多くの精鋭の力を注ぐことができる
言い換えれば、お馴染みとなったこの「ディスタンス」を余儀なくされたコロナ期においては
良い距離を置く行為が一つのヒントとなって、くしくも成功するアイデアを生むことになったのです

ミーティングは今までには考えられないような逆も真なりという域に達したようですが
みなさんコロナ禍を生き抜くための知恵を、絞って絞って絞り倒しているのだな、と実感します
またそうできることは、究極は、私欲の追及ではなく、お客様を筆頭に自身を取り巻くものを大切に感謝を注ぐ、
当然のことだと感じます
  1. [ edit ]
  2. 企画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

YUKIMIゆきみ

Author:YUKIMIゆきみ
山田幸見・YUKIMI YAMADA 

[ 画家 ]
🔷予定
【2020】
2/17〜29🔵銀座一枚の繪ギャラリー 日々、令月─
6     🔵
6/18〜24 🔵藤崎百貨店 (仙台)
8/20〜 26🔵ながの東急百貨店(長野)
10/7〜13🔵いよてつ高島屋(松山)
12 🔵

🔶終了
【2019】
1/2~8⚫大阪守口京阪百貨店 新春大絵画展 画業25年 ─色彩の織り成す、花鳥風月─
4/17~23⚫中合福島店 画業25周年記念 山田幸見油彩展
5/29~6/4⚫阪神梅田本店 画業25周年記念 山田幸見絵画展
7 ⚫️WALL BORRW with POTTERY
6/3~22⚫一枚の絵づくし展 銀座ギャラリー一枚の繪
11 ⚫️Show in NAKAZEN
12 ⚫️Send to the world
12/2〜25⚫️一枚の繪歳末感謝市
◆終了
【2018】
1/29~2/10⚫銀座一枚の繪ギャラリー
山田幸見画業25年展
2/14~20⚫名古屋名鉄百貨店 山田幸見画業25年展
5/23~29⚫山形酒田清水屋 山田幸見画業25年展
6月⚫銀座一枚の繪絵づくし展
6月⚫「出逢いの森」Life with Dog受注展
10/10~16⚫松山いよてつ高島屋 山田幸見画業25年展
11月⚫大沼山形本店 山田幸見画業25年展
12月⚫銀座一枚の繪歳末感謝市

◆終了
【2017】
1/25~30●中合福島店個展
2月 ●名古屋コラボ展
3月 ●長島(三重)絵画展
5/24~30●阪神梅田本店個展
6月 ●東京・銀座
10/26~11/1●フジサキ(仙台)個展
12月 ●東京・銀座

◆終了
【2016】
1/18~30 ●銀座山田幸見展『you輝me』
  5/26~31 ●十字屋山形店個展
6月 ●東京・銀座
8/31~9/5 ●伊勢丹静岡店個展
  9/28~10/4 ●いよてつ高島屋個展(松山)
【2015】
2/19-24 ●福島中合本店個展       
  5/5-17 ●名古屋電気文化会館山田幸見展ON   5/5-10●松岡邦彦とその仲間たちのトリエンナーレ  桜東会館1階ギャラリー 
   6/7~ ●銀座 
   7/15-21 ●阪神百貨店個展     
   12    ●東京・銀座  
【2014】 
 ●『一枚の繪』銀座ギャラリー個展
     絵筆とともに40年1・2・0・2・1 
    ●十字屋山形展 画業20周年記念個展 
    ●いよてつ百貨店個展:その一枚との出逢い
     (9/3~9)
   ●東京銀座(11/30~12/26)
一枚の繪 歳末感謝祭 出席 
  
【略歴】
1958三重県生
1976~現代芸術展、ギャラリー企画展等に出品
1981名古屋芸術大学絵画科洋画選考卒業後、
アパレル企業テキスタイルデザイン(神戸)
1984~広告企画デザイン(大阪)に従事
二科展、国際美術大賞展、日本の風景展(上野、尾道、松江、境港など)、LE SOLVAN DE PRINTEMPS等
国内外コンクール多数出品・受賞)
1994現代洋画精鋭選抜展銀賞受賞

東京大丸・新宿伊勢丹・池袋東武・静岡伊勢丹・丸栄・ジェイアール名古屋髙島屋・名鉄百貨店・岐阜髙島屋・津松菱・近鉄百貨店桔梗が丘店・丸井今井(札幌)・マリーン5清水屋・中合福島店・京急百貨店・京阪百貨店・十字屋山形店・めいてつエムザ(金沢)・高崎スズラン・うすい百貨店・中三弘前店・ながの東急百貨店・遠鉄百貨店・神戸阪急・阪神梅田本店・フジサキ(仙台)岡山天満屋・福山天満屋・米子天満屋・いよてつ高島屋・小倉伊勢丹・小倉玉屋・佐賀玉屋・トキハ百貨店別府店・大丸下関店
東京国際フォーラム・帝国ホテル(東京)・ホテルニュウオータニ(東京)・さいたまスーパーアリーナ
・名古屋電気文化会館・ディズニーシーホテルミラコスタ等、
現在全国34都道府県などで発表

【近年の主な個展】

2000●『一枚の繪』銀座ギャラリー:柘榴石ミレニアム
  ●神戸阪急個展:夢追い人
  ●名古屋GALLRY Ray大作展
          :Float in the heaven 
 天空にて  
2005● 静岡伊勢丹個展:Woody
2006● 丸井今井(札幌)個展:こどもたちとともに
● 大丸下関個展:海峡
2007●『一枚の繪』銀座ギャラリー個展:めぐり、めぐる
2009● 東京大丸プレミアム個展:ゆきみ×ROMAN
2010● 名古屋ギャラリー栗本:YOUKIMIKIMI
             ゆきみきみプレデビュー展
  ● YOUKIMIKIMIブランド小物制作
   ●いよてつ髙島屋(松山)個展:花、風、水
2011● 阪神梅田本店:祈りを込めて
   ●『一枚の繪』銀座ギャラリー個展:祈りを込めて
   ●フジサキ(仙台)個展:そして、祈りを込めて
2012● マリーン5清水屋(山形)個展:空、高く
  ● 阪神梅田本店個展:いつも、いつまでも
2014● 『一枚の繪』銀座ギャラリー個展
     :絵筆とともに40年 12021
  ●十字屋山形店:画業20周年記念・山田幸見展
●いよてつ髙島屋:画業20周年記念・山田幸見洋画展
          その一枚との出会い
  ●中合福島店:山田幸見展
  ●名古屋電気文化会館 :山田幸見展 ON
  ●阪神梅田本店個展 :山田幸見展 

 個展38回
 他、小品展、ガラス絵展、大作展
 各団体チャリティー寄贈など活動
 無所属

最新著書:「幸見画集55/1700」
画業20周年記念画集
    全1700点より55点を掲載
     税込3,000円
「YUKIMI IN WONDERland」
税込1,000円
   

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

« 2021 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


pagetop