FC2ブログ

今まで、やれてこれなかったこと

20240222214915c7a.jpeg

毎日が、制作以外の時間を持つことが恐怖だった
1時間テレビを観てしまったら、重度な罪悪感に苛まれる
ああ、これで制作時間が1時間なくなってしまった、、、
また時間に追い詰められるじゃないか!
怠け者め!と 自分で自分を罵る

かつては友人からのお買い物やランチも涙を呑んでお断りし続け、
私は飲めないけど楽しいお酒の席は好きだ、だけど
出かけることはない
映画や読書は仕事で感想コメントを書く時だけ、
よって自分の好みで選択できるはずもなく
その時間に一歩でも作品を完成へと導かねばならないのにと焦りがのしかかる

例えば、育児、子育て、介護、家事等は、自身が生きると同列、
お金を払って他の機関やシステムなどに委ねる選択を取らない場合は、
空気のように当たり前にその中に自分が居る
一般的に言う無償の愛?なるものが自ずと体を突き動かすのか、
給料が発生しないので仕事というわけでもないが、
小さき弱いもの護る、それは私にとっては、我が命に代えても最優先事項だ
それに加算されて、生活の糧を得るための、制作という仕事がある

私にとって、時間 とは 制作 だった
作品は簡単に短時間で仕上がるものではないからだ
私は往々にして制作には莫大な時間と労力を有する

なので、今の、自分で自分時間をコントロールする、
1日体験教室での香水作りもお菓子作りも、その瞬間は夢のよう…
日常での素敵なお食事へのお誘いも、そこには感謝しかない

そんな気持ちのお返しとしてギフトは存在すると思う

毎年、11月位から3月、4月、雪の頃から桜の季節
クリスマスとお年賀状、寒中お見舞いからバレンタイン
年度の節目の御礼やお餞別に門出のお祝い、そして普段の感謝として心ばかり…

特にビジネス関係の方々には、言葉の1行だけでも何らかの形を贈り、御礼を伝えたいと思う

たとえ節約を強いられた長い長い約束の反古の暗黒トンネルの期間でさえ、
ささやかだけど、欠かすことはなかったつもりだ、私は

あくまで私の単なる自己満なのかもしれないけど
先様のことを思いつつ、プレゼントを探す、渡す、そのトキメキもまた楽しい

土日祝は配送されなくなったポストインの郵便物も
同市内さえも以前と比べると大幅な遅れを感じる昨今、
また、特にこの時節ならではの毎年必ず訪れる雪での配送の混乱を
以前痛い目にあっただけに、神経質なほどに気にかけるようになってしまい、
余裕をもって用意した発送のタイミングを待つ品が部屋にあれこれ並ぶ期間は
人様にそうできることが、とてもありがたいと感じる

いつも節約節約と言ってる私だが、
それらの出費は「 人様への気持ち 」の項目に属し、
私はちっとも大変だなぁとは思わない
若い頃、先人方々によくしていただいた御恩に対しても
もうこの歳になったからには今度は私が次世代に繋いでゆく番だと思う
お返しとしてはまだまだとても足りないだろうけれど
ギフトには気持ちを伝えることをお金で成せるメリットをも感じる

寧ろ、一枚の葉書すら出せなくなることのほうが恐ろしい

私の節約は自分自身へ向けてのもの
人に我慢をさせて自分が楽をする発想はない
63円掌にあったらチロルチョコ2個ほど買って自分が腹一杯満足するよりも
ハガキ一枚買って仕事先へ御挨拶を送りたい、私は
  1. [ edit ]
  2. 何に使ったか明らかにしないから憶測も飛ぶ

ご飯いこ

20240216203629dbb.jpeg
ヘルメスはギリシャ神話の12神のひとり

現場に到着すると、その方は笑顔で労いの挨拶とともに
「これ先生お好きだからどうぞ」と袋を手渡して下さり、私はちょっこっとしたお土産を
うわぁ💓チョコやん!もうそれだけでテンション⤴︎⤴︎がんばろうと思う!
悔しさも苦しさも、そのピカピカ光る一粒の眩しさが全てをすっ飛ばしてくれる!
もうその頃からも私は節約を強いられていて常に欠食気味、
数十個のチョコでも狂ったようにガツガツ一気にいける
それも知ってか「1日で食べ切っちゃダメですよ」と釘を刺されるので
私は期間中大切に大切にいただきます

そして初日の休憩時間は真剣な作戦会議が繰り広げられる
それはまるで戦国武将が戰の戦法を練っているが如く命懸けそのもの
その方は手帳や資料を片手に、私もスマホ検索を怠らず、
側から見れば、仕事熱心な人達だなぁと思われるに違いない

さて、その議題とは
まさに、これから長期間、昼食と夕食をどこのお店で何を食べるか、なのである
手帳には隈なく調べ上げられたお店の情報、目の前にはご当地フリーペーパーグルメ欄
先ずは現地の方々に郷土食やおすすめを伺い、
和食、イタリアン、中華、等々、互いの好みを視野に入れ
昼と夜はかぶらないように綿密にパズルさながらシフトを組む
夕食が決まらなければ彼は昼食のローテーションが進行しないわけだ

私はあまり昼食を取らない
それは食欲が無いとかダイエットとか言ってごまかしてたけど真っ赤な嘘っぱちで
節約を強いられているから、お金が無いだけである
折角ご一緒出来る楽しい夕飯のためなら昼食ぐらい抜けるさ

その方は昼食の後、夕食予定のお店の現地リサーチをすることもあり、
必ず私に報告してくれる
「やっぱりあのお店は予約を入れておいた方が良さそうです」と仰るや否や、
電話で席をリザーブの早業はお見事!

かくして期待のお店で私は朝のビジネスホテルバイキングに続き本日2食目を堪能し小 1 時間、
私が、仕事場以外では仕事の話をしたくないことや
誰と誰がどうたらこたらな話は実際にご本人からか、この目で見ないと信じないことを彼は周知で
私の好まない話を避けて流行りのテーマパークやもはや死語?なディスコの思い出話などをしゃらっとする
お会計は私が「立場上、カッコつけさせてください」と払わせていただくと
翌日は「今日は僕が」と代わり番こに払い、トータルでイーブンとする

お店を出ると「では、僕はここで」と、、多分一人カラオケに行くのだろう
私がカラオケが世の中で2番目に苦手なことを熟知している彼は、
夜は人の気配が寂しい土地なら宿泊先まで送ってくださってから
再び独りで颯爽と街へ消えていく

楽しかったな
私はどっちかというと仕事が終わると速攻宿泊先に戻り、
自宅では電気代節約のために観ないテレビをここぞとばかりにつけて
ベッドに胡座をかいて一人コンビニ弁当派なんだけどww
無理強いをされない範囲での夕飯へのお声掛けは、めっちゃ嬉しかった!
ただその方は、私が白いテーブルクロスの洋食屋さんが好きだと、なぜか勘違いをなさっていた
私、なーんでもいいんスよ、何かが口に入れば幸せなんです
躊躇せず「はい!行きます!喜んで」です、だって
私はアルコールは飲めないけど
気軽に楽しく一緒に食事できる関係性って貴重じゃないですかい

決してタメ口で話さない、程よい距離感 
だけど、なあなあではなく、私は仕事はキッチリするよ


「 ゼロイチ 」この単語の意味が派生し世に浸透する昨今
創作者は孤独だと言われるのは
圧倒的に作品に向かう時間が長い為に社会との分離が生じるからだとも私は考える
物づくりは寡黙な故に、口下手や非社交的といったイメージも持たれるであろう
また、組織に属さない独りきりだから、どうせ抵抗できないだろうと甘く見られ潰しやすい
トラブルが起きたら、大勢 対 独り の勢力には抗えず、でっち上げの噂も流れもする
従ってビジネスともなればフォローする仲介役が存在する
しかし、創作者自身もいつでもどこでも情報を得て発信できる現代となった今は、
その両者の関係性が平等で有意義でなければ意味を持たない
どころか、弊害ともなり得る
なにも仲良しこよしでなくてもいいから
いざ共に仕事となったら少なくとも対等に言葉を交わせる関係でありたい
それには互いのリスペクトが必須だ
片方だけが見下される構図なんて、決してあってほしくないんだよ

4回に渡り考えたが、
契約書の充実と関わる人々全員の取り分の分配率の現状公開
そして、とりあえず先ずでも食ってみんなで顔合わせようや

そこにもし忖度や圧迫や理不尽を読み取れば、
非協力的だとか、我儘だとか、勝手に病気だとか、ひそひそと貶められることなく、
誰しも堂々と白紙にできるようであって欲しい
悪くは思われたくないから、私なんかはヘラヘラしているほうだけど
おかしなことはおかしいと言うべきだ、と、
それらがあちらからもこちらからもブクブクブクブク、
沸々と表出する時代が来た、と、思っています

御反応ありがとうございます
直面している問題について、多くの方々が声を上げ、
みなさんからのお知らせで最近も著名な方が印税についても言及していらっしゃると知りました
紙から電子書籍に移行したことで中間マージンが抑えられるはずなのに
印税が大きく変わらない現状も仰っておられました
システムの変容、そして何と言っても物価の上昇、

現状が目まぐるしく変化しているのに思考や支払いのあり方が止まったままでは
どこかのポジションがますます首をしめられ疲弊してゆきます
かねてから『ビジネスと人権 』に取り組んでいる私にとっても
簡単にスルーできない出来事に対して、
それぞれの立場での知りえない事実を鑑みると
私は私の身を持っての実際の経験でしか発信はできないけど
考えてゆくことは止めません
  1. [ edit ]
  2. はい!よろこんで

腐った林檎

20240210181846fae.jpeg
今の高校生は、おしゃれして恋もしてスマホもあって・・・うちらは男子と話もしなかったよ。。おまけに高3の春に父が他界し私は哀しみから逃げるためにデッサンに没頭した、手、真っ黒にしてね

プロデュースは企画、立案、実施、制作などなど多岐に渡る解釈がありますが、
それぞれの立場で関わるエリア間の橋渡しとしての重要なポジションとも言えると思います 

現場でのセクハラ事案を書いた1/30、今までにないほどの反響がありました
シーンは違えど同じような思いをした方々もいらっしゃれば、興味津々的感もあり、、、
中途半端な小難しい単語を並べるより実話の方が、すうっと入ってくる感覚もわかります
書いてて辛くなってきたり自分が惨めになる具体的な話はなるべく避けてきたような気がしますが、
お子さんが創作者になろうとしている親御さんや御本人、ご指導する教育現場の方々等々
昨今もいろんな意味でのご心配の声や相談が私のところにも届きますし、
多方面からコメントを求められることも多いですし、
前回も書きましたが、声を上げる、聞く耳がある、そんな過渡期ですので、
私の経験したことは、ストレートに書いていこうと思います

ご質問の中には、仕事で辛かったことってありますか?って圧倒的に多いです
感じ方なのでどうなのかはわかりませんが、創作者として、悲しかったり怒りを覚えたことは何度もあります
それは日常、どこでも誰にでも起こるようなことなので特別で大した話じゃないですが、
軽いやつを2件紹介します

現場で「先生、こんな腐ったような林檎の作品は絶対に売れないよ」、、、
スタッフの方にあれもこれも片っ端から作品をあざ笑われ全否定された時、
私は、乙女のようにダダダとトイレの個室に駆け込み、大粒の涙を、、、なわけないじゃんW
「怒るな、怒るな、ここは神聖な仕事場、ニコニコッ ニコニコッ ニコニコッ 」一旦落ち着こ
無理やり深呼吸して自己の感情ををゴクッと飲み込み封じ込めて現場に戻った瞬間、
なんかとてつもない念が作動したのか、その作品、お客様から絶賛されて売れたんだよね

現場で「先生、さぼっちゃ駄目だ!こんな古いのしかないじゃないかっ!」
スタッフの方がめっちゃ怒ってて、いきなり怒鳴られた時、
私は当然新作数点を卸していたが、その場には旧作1点しか展示されていなかった
この場はさすがにトイレに逃亡せずに冷静に説明したら、私が嘘をついてると思われたらしく、
不機嫌そうに調べてらした結果、どうやら新作数点は1点も現場に持ち込まれていなかったらしい

前者は、
もし売れない物を創るなと言いたいならビジネスとしてはだけど、その主張への理解と、
私は創作者としての本意を曲げて指示に従うべきなのかなあ?と塾考せんがための
ビジネスの現場における在り方の問題が提起された良い機会とも取れるし、
なんだかわかんないどぶっちゃけ売れて数字が作れてよかったでしょうし、
後者は、
私に喝を入れたいなら向上への鼓舞としてありがたいし、
立場上の優位を周囲にアピールしたかったパフォーマンスなら
かなり年上の私への容赦ない厳しい言動も効果的な演出だったのかも知れないし、
流通上の問題点が発覚し今後のシステムの課題として是正できればいいし、
総じて私も冷静に感情を抑え込む修行になったし、、、まあ、いいよね

だけど、私の深く痛く刻まれてしまったある感情は今でも忘れられない
それは、お客様のいらっしゃる前で言われたこと、です
お客様が、さぞ御気分を害しただろうと思うと申し訳なくてたまらない
どんな感想もあっていいし、やる気ない奴め!って叱りたいのは私のためを思ってでしょうし、
それ丸っと勘違いだし、、、かといって一切謝られないのは、、、もういいから、
でも、お願いだから、そういうのは、バックヤードでならいくらでも顔貸すんで、よろしくです

( あと、相手と殆ど喋ったこともないのに仕事上でのタメ語は、
場を和ますのに有効な時もあるけど、概して私はあんまり好きじゃないです、
特にこの2件はお仕事を一緒にしたこともないキャリアの浅い若い方たちから言われたんで、
なんかお客様にも白い目で見られちゃった気もするし。。。
それと、まさに今現在、ブルーの林檎を創ってるんだけど、、、
やっぱ真っ赤なツルッツルのにしたほうがいいんかいな、とトラウマが発動するのが困りますw)

下に見られてるなぁ、約束したのになぁ、無視されてるなぁ、あからさまにハブってくるなぁ、
直接的ではなく遠回しに、あっち持ち上げることでこっち下げてくるなぁ、とかとかとか
皆さんもたくさん御経験ある中で生きていると思いますが、
ちょっとした言葉の端々にも雑に扱われる空気は本人が一番敏感に感じ取ります
特に(個人としてはそうしたくなくても)組織の方針としての差別や疎外が始まれば右へ倣えで
いつの間にか末端にまで浸透し一様に対象に対する軽視は罪悪感もなく当たり前となり、
組織的な巨大化した逆風を受けた者のダメージは計り知れなく、、、
たった20や30件の理不尽なら、なんとか耐えられようものの
このように日常茶飯事に全体から押し寄せる息もできなくなる軽視の極寒の冷たさのような空気圧は、
心身をジワジワと圧迫し、次第に憔悴し、疲弊してゆくのよ

プロデュース側は、そういった仕事で起こるなんやかんや、あっちこっちを
うまくまとめあげる重責も担う場合もあります
たぶん私には難しすぎてできない

こんなことなんかよりすんごく落ち込んだことも掃くほどあります
帰路の車内の何時間か、悔しくて、これはマジで泣きっぱなしだったこともあります
周りの赤の他人の乗客の方々にも迷惑をかけてしまった
それは確かに酷い話だ、書いたらきっとまたブログランキングトップ10内をしばらく保持できると思う


  つづく  でも、嬉しかった感謝の話もたくさんあります、次回はそんなことも書きます 

多くのメッセージありがとうございます!
今、創作者を目指し頑張ってる、また、戸惑ってるみなさん!
私は私の経験値のみでお伝えしていますが、
私の場合は創作労働は、
長年過度に集中的に使った身体的な痛みなどは免れませんが
幸いにして創り出す苦は、さほど感じません

しかし、ビジネスとして多くの場面に関わる以上は、
私自身が留意しなければならないことや反省すべきこと、
声をあげなくてはいけないと思うこと、などなどがあります
なんのネックもなく楽しさで溢れている現場が理想的かもしれませんが、
人が行き交う社会は、人の数だけ受け取り方や考えがあり、
困惑するのも避けられません
どうぞ、私の実体験も参考にしてください

嫌なこともあれば、いいこともあります
一つの事象を角度を変えれば、嫌だと思うこともいいと思うこともできます
  1. [ edit ]
  2. 創作者として

ブルータス、お前もか

20240207210158b24.jpeg
1日でギブしたブルータス石膏像、表情筋が複雑なのよ1976

  つづき

●今ではスマホカメラ性能が向上し容易にデータ保存が出来るが
手軽なメカの無かった時代、30年ほど前かな、
私は作品を1作毎に全紙拡大にも耐えうるレベルで
アート専門のカメラマンさんに依頼して撮影していただいていた
それによって完成日を前倒せねばならず制作期間が短縮されるネックは承知で
いつか正式な作品集制作チャンスに素早く忌憚なく使えるようにと、、、
以前書いた営業目的の画集を自己製作はしたが、
──── 残念ながらそのネガ(ネガポジ知らない世代の方もいるよね)の出番はこなかった

私が撮影スタジオに作品を持ち込むこともあったが、
当時、出張費込みの撮影料1枚5,000円位だった
個展で30点揃えば撮影出費150,000円は痛かったのは事実
しかし精巧なデータを残す意味が勝ると思っていた

媒体に投影するにも彩度や明度、やはりブレるのはかなしい
現実作品との乖離ほど、やるせないものはない
だから私は自分の責任下で最高のデータを管理したかったのだろう
世に出る以上は、私の拙い微力に高度な機器とテクニックの力も借りたかったのだ

特に私の作品は表面が複雑なものが多い
液晶や紙に忠実に表現するのは難しいとよく言われる
しかし利点もある、殆んど実作品の方が良いと言われるからだ、よって自信もつく

●昨今、私が作品をあまりここに載せない理由を多くご質問を受け、昨年8/12にも書いた
お客様の多くはどうぞ自由に掲載してくださいと仰るが
AI技術により万が一、オーダー作品に支障が出るとお客様に申し訳ないと思うのも一因である
特にご依頼いただいた人物画が変形されて拡散されたら、と
実際に関係を持たないサイトで、あれ?これ私の作品の変化系じゃんって気付く経験もある
しかし一方、私はAIと快適に共存したいとも思っている

(先日AI技術のシンポジウムに出席したかったが、過度なファンに邪魔され断念した、悔しい)

●前回偶然にもジャンプ掲載作品の話をしたが、
昨年11月、集英社さん『週刊少年ジャンプ』の異例のページ単価原稿料が公開され話題となった
私も、おおぉ!ってびっくりしたが、それは金額云々じゃなくて
他紙掲載経験作家に向けた説明・相談会も含め「公開」へ踏み切った決断に対してだ
出版業界に知人も多いが、話していてもそれぞれの社風の違いが顕著だ

●読者や消費者は、価格に沿って支払いをするが
その大切なお金がどのように制作側に分配されるのか実態は知らないだろう

知りたくもないかもしれないし、知らなくてもいいんだけど
今。そうした裏側を、表側では知りえない暴露部分を一部のyoutubeが担っているようでもある

どことどこが関わってどのように売買や発表の仕組みが成り立っているのか
それによって、力関係が明らかになることがある

これは現実味はないだろうが、
「この商品、作品は誰と誰と誰によって製作、制作されたのか」を本体に大きく明記する
テレビや映画だったら、エンドロールのみならず、サムネよろしくもの凄く大きくテロップに出す
(パッケージ裏に成分などが細かい字で表記されてるでしょ
私は昔、製品パッケージデザインに携わった時、当時はパソコンは無いから、
文字は書体や級数や行間を指定して写植屋さんに依頼し、出来上がった印字された紙の裏に
特殊な糊を塗り、それをカッターで切って並べて貼り付けて版下を作ってたのよ
その技術、大変で、、、こんなん誰が読むんかいな、とか思いながら必死で作業もしたけど
法で決まっていたり、人それぞれアレルギーや避けたい成分もあるから重要だよね)
あんな風に、商品に、作品に、関わった会社とかメンバーを記載し、
それぞれの取り分のパーセンテージもきっちり明記するように定められたとしたら
それが当たり前となり、そして正しく施行されているかの調査機関が整備されていたら
後ろめたさがあるなら記述に躊躇が起こるだろうし、その場合は
消費者の公平で鋭い目で精査され、改革に至る声が上がるだろう、今がまさにその過程、
そしたら不当な扱いを受ける被害が減るのではないだろうかとも考えられる
それが良いどうかは私にはわからないが、最初は戸惑ったエコバックが定着してるように
商品に、バーコードやQRコードや環境マークあれこれがいつの間にか増えてるように
時代の要求に沿って製作物、制作物の在りようも変遷する
ま、仕事が増えるので、繰り返すけど現実味はないよ、けど

裏金問題も、具体的に何に使われたのかを明らかにしてもらいたいならそれと同種で、

受け手側の商品や作品への仕組みの充分な理解がなされるのが常識といえるような
積極的で丁寧な指針や教育がベースにあれば
少しでも発信等々からのトラブルが軽減されるかも、と思いを巡らす

  つづく、次は共に仕事する時のプロデュースの話を
  1. [ edit ]
  2. 知りたい裏側、知りたくない裏側

0から1、1から2、−1から1

202402050010160f0.jpeg
今ならもうちょっと上手く描けるが、当時は一次入試の課題であった木炭デッサンは立体を面でとらえるのが主流も力及ばず稚拙な分割をしてしまっている
訳あって何百枚のそれらの保管場所を換金するためにすべてを破り捨てたつもりだったが数枚だけ残っているのを見つけた


●「先生も0から1を創り上げる人ですね…」とたくさんの言葉をいただきました
お気遣いに御礼を申し上げます
創造の葛藤や喜びは十人十色ですが、
私に関しては苦痛を感じることはあまりなく、
なんとなくごく自然に四六時中沸々と止めどなくアイデアが浮かんできて…
それを可視化し息をするように淡々と創り上げているって日常です
しかし、これで生活しなきゃならんので、、
いつも言ってるけど確実に作品が売れなきゃならない
そこが苦しいとこでもあります
特にチームを組めば、先様の儲けを生み出す責任が私にはある
そのためにも商品には、より高い値で取引される使命がある

●被写体(風景や人物や静物等々)が存在する場合は0からではないような気もするし、
制作費の側面から切り取ると、我々の仕事は事前に材料費諸々を要するので
0からというよりマイナスから始まってるとも私は痛感します

●前も書いたけど、私は『るろうに剣心』の大ファンです
以来アップデートしてなくて、、
『ワンピース』も『鬼滅の刃』も全く話題についていけなくて残念なの
で、剣心は、ジャンプも文庫本もTVアニメも映画も映画のPVも網羅しているでござるよ
なんなら第一作映画パンフも宝物のように持ってます
和月 伸宏先生の迫力の筆致には憧れるし、
TVアニメのちょっとほんわかな空気感も、
映画主演の佐藤 健さんの別ドラマ撮影現場に居合わせ流石のプロの眼差しに圧倒されたし、
私は常に制作側にいて各々の現場での制約のしがらみを解するせいか、
パターンを変えた『るろうに剣心』同作個々に私は好きです

●ものの見方や感じ方も千差万別ゆえに
同作品の変化形に違和感を覚えたり魅力を感じたり…
作品の受け手の気持ちは人の数だけあるので
私はピンポイントで攻めたり、逆に大衆受けを狙ったりと
実力不足は承知の上で手を変え品を変え切磋琢磨しているつもりです

●偶然にも前回、チームでビジネスをする場合は
「同じ方向」で居たいと書きました
バランスの均衡が破れ理不尽な不平等は、間違いなく不穏な流れを呼び起こす

●〜しなくてはならない、から一歩前進するには具体的にどうしたらいいかなって考えます

私は海外とのビジネスの際に自分の生まれた国での通例など通用しない時もあると実感します

ある国との契約において、先ずは直接またはズームなどで顔を見て話す
それで決まりと思いきや、話した内容を全て契約書に起こすことからが始まりで、
文中に納得のいかない文言があれば指摘し擦り合わせるも合意に至らなければ
お話しはなかったこととなる

また、たとえ仕事が続行中でも契約違反が起これば
申し立てや提訴は当然のこと、
中でも
違約金や延滞金などの金銭面は非常にシビア

お金が行き交う仕事なんだもん、そんなの当たり前すぎるほど当たり前だが、、、

時に違反も起こりうるので
厳しい法的罰則の行使もやむを得ず、
だからこそ真摯に留意すべき、一旦交わした約束を軽く見ないで、無きもののように破らないで

面倒ではあるしペーパーレスな時代に逆行してるけど、
私は経験上、感情の介入しない電話帳のような分厚い契約書の存在意義もあるのではないかとよく思う

これは国内の百貨店様との契約時だったが、
あらたまった正式な場が設けられ、契約書には実印の割印などなど、
その儀式は非常に誠実で丁重に行われた

●今後も、
ビジネスにおける人権の保持、アンバランスな理不尽を改善する為にも
文字起こし、文字残しの重要性を私は考えてゆく

●アナログで原始的かもしれないけど
「腹割って話そう」は、やっぱり好き

    つづく
  1. [ edit ]
  2. デメリットこそ、隠さずに誤魔化さずに話し合おうよ


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

YUKIMIゆきみ

Author:YUKIMIゆきみ
山田幸見・YUKIMI YAMADA 

[ 画家 ]
個展 60回(2022/4現在)

🔷 【 2022 】

1/5〜15 ⭕️WEVIEW 八
     ◉POST CARD 3種
      (yukimikimi®)
2/2〜22 ⭕️WEVIEW 9
3/3〜10  ⭕️WEVIEW 10
      ▶︎(日程変更)
3/24〜28 名古屋名鉄百貨店
4/1〜10 ⭕️WEVIE 10knot

🔶【 2021 】

1/1〜11  🔴个展(LIKE 中国)& WEVIEW 3
4/4〜11 🔴WEVIEW 4
7/7〜17 🔴WEVIEW 5(LIKE フランス)
7  🔲YUKIMIZ T(Short)
8  🔲SUBSCRIPTION
9  🔲FIT
10 🔲YUKIMIZ T(Long)
🔲YUKIMIZ CALENDAR
11/1〜11 🔴WEVIEW 6
11 🔵Thanks giving
12/1〜12 🔴WEVIEW 7
12 🔵Happy Start

🔷終了
【2020】
2/17〜29🔵銀座一枚の繪ギャラリー 日々、令月─
6     🔵
6/18〜24 🔵藤崎百貨店 (仙台)
8/20〜 26🔵ながの東急百貨店(長野)
10/7〜13🔵いよてつ高島屋(松山)
11/11〜20🔵WEVIEW 1
12 🔵
12/12〜22🔵WEVIEW 2

🔶終了
【2019】
1/2~8⚫大阪守口京阪百貨店 新春大絵画展 画業25年 ─色彩の織り成す、花鳥風月─
4/17~23⚫中合福島店 画業25周年記念 山田幸見油彩展
5/29~6/4⚫阪神梅田本店 画業25周年記念 山田幸見絵画展
7 ⚫️WALL BORRW with POTTERY
6/3~22⚫一枚の絵づくし展 銀座ギャラリー一枚の繪
11 ⚫️Show in NAKAZEN
12 ⚫️Send to the world
12/2〜25⚫️一枚の繪歳末感謝市
◆終了
【2018】
1/29~2/10⚫銀座一枚の繪ギャラリー
山田幸見画業25年展
2/14~20⚫名古屋名鉄百貨店 山田幸見画業25年展
5/23~29⚫山形酒田清水屋 山田幸見画業25年展
6月⚫銀座一枚の繪絵づくし展
6月⚫「出逢いの森」Life with Dog受注展
10/10~16⚫松山いよてつ高島屋 山田幸見画業25年展
11月⚫大沼山形本店 山田幸見画業25年展
12月⚫銀座一枚の繪歳末感謝市

◆終了
【2017】
1/25~30●中合福島店個展
2月 ●名古屋コラボ展
3月 ●長島(三重)絵画展
5/24~30●阪神梅田本店個展
6月 ●東京・銀座
10/26~11/1●フジサキ(仙台)個展
12月 ●東京・銀座

◆終了
【2016】
1/18~30 ●銀座山田幸見展『you輝me』
  5/26~31 ●十字屋山形店個展
6月 ●東京・銀座
8/31~9/5 ●伊勢丹静岡店個展
  9/28~10/4 ●いよてつ高島屋個展(松山)
【2015】
2/19-24 ●福島中合本店個展       
  5/5-17 ●名古屋電気文化会館山田幸見展ON   5/5-10●松岡邦彦とその仲間たちのトリエンナーレ  桜東会館1階ギャラリー 
   6/7~ ●銀座 
   7/15-21 ●阪神百貨店個展     
   12    ●東京・銀座  
【2014】 
 ●『一枚の繪』銀座ギャラリー個展
     絵筆とともに40年1・2・0・2・1 
    ●十字屋山形展 画業20周年記念個展 
    ●いよてつ百貨店個展:その一枚との出逢い
     (9/3~9)
   ●東京銀座(11/30~12/26)
一枚の繪 歳末感謝祭 出席 
  
【略歴】
1958三重県生
1976~現代芸術展、ギャラリー企画展等に出品
1981名古屋芸術大学絵画科洋画選考卒業後、
アパレル企業テキスタイルデザイン(神戸)
1984~広告企画デザイン(大阪)に従事
二科展、国際美術大賞展、日本の風景展(上野、尾道、松江、境港など)、LE SOLVAN DE PRINTEMPS等
国内外コンクール多数出品・受賞)
1994現代洋画精鋭選抜展銀賞受賞

東京大丸・新宿伊勢丹・池袋東武・静岡伊勢丹・丸栄・ジェイアール名古屋髙島屋・名鉄百貨店・岐阜髙島屋・津松菱・近鉄百貨店桔梗が丘店・丸井今井(札幌)・マリーン5清水屋・中合福島店・京急百貨店・京阪百貨店・十字屋山形店・めいてつエムザ(金沢)・高崎スズラン・うすい百貨店・中三弘前店・ながの東急百貨店・遠鉄百貨店・神戸阪急・阪神梅田本店・フジサキ(仙台)岡山天満屋・福山天満屋・米子天満屋・いよてつ高島屋・小倉伊勢丹・小倉玉屋・佐賀玉屋・トキハ百貨店別府店・大丸下関店
東京国際フォーラム・帝国ホテル(東京)・ホテルニュウオータニ(東京)・さいたまスーパーアリーナ
・名古屋電気文化会館・ディズニーシーホテルミラコスタ等、
現在全国34都道府県などで発表

【近年の主な個展】

2000●『一枚の繪』銀座ギャラリー:柘榴石ミレニアム
  ●神戸阪急個展:夢追い人
  ●名古屋GALLRY Ray大作展
          :Float in the heaven 
 天空にて  
2005● 静岡伊勢丹個展:Woody
2006● 丸井今井(札幌)個展:こどもたちとともに
● 大丸下関個展:海峡
2007●『一枚の繪』銀座ギャラリー個展:めぐり、めぐる
2009● 東京大丸プレミアム個展:ゆきみ×ROMAN
2010● 名古屋ギャラリー栗本:YOUKIMIKIMI
             ゆきみきみプレデビュー展
  ● YOUKIMIKIMIブランド小物制作
   ●いよてつ髙島屋(松山)個展:花、風、水
2011● 阪神梅田本店:祈りを込めて
   ●『一枚の繪』銀座ギャラリー個展:祈りを込めて
   ●フジサキ(仙台)個展:そして、祈りを込めて
2012● マリーン5清水屋(山形)個展:空、高く
  ● 阪神梅田本店個展:いつも、いつまでも
2014● 『一枚の繪』銀座ギャラリー個展
     :絵筆とともに40年 12021
  ●十字屋山形店:画業20周年記念・山田幸見展
●いよてつ髙島屋:画業20周年記念・山田幸見洋画展
          その一枚との出会い
  ●中合福島店:山田幸見展
  ●名古屋電気文化会館 :山田幸見展 ON
  ●阪神梅田本店個展 :山田幸見展 

 
 他、小品展、ガラス絵展、大作展
 各団体チャリティー寄贈など活動
 無所属

最新著書:「幸見画集55/1700」
画業20周年記念画集
    全1700点より55点を掲載
     税込3,000円
「YUKIMI IN WONDERland」
税込1,000円
   

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

« 2024 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


pagetop